【続報】そもそもお正月飾りって?-祝福のホーリーバジルと豊穣飾りセット

今日はいい天気だFARMおたまです

先日、情報を解禁しました!

ホーリーバジルを使った豊穣リースに続いて
Flowerわたぼうしさんと今日はいい天気だFARMが送る
ホーリーバジルシリーズの第2弾。

「祝福のホーリーバジルと豊穣飾りセット」

11月19日から
限定50セットの予約販売を開始します。

今日は、
日本人古来からの伝統であるお正月にとって

お正月飾りとはなんなのか。。

少しだけシェアします!

さてさて、
日本大好きな僕が、日本文化のことを
少しだけ調べました。。。

そもそも、どうしてお正月飾りがあると思いますか?

それは。。。

「大晦日に歳神様をお家でおもてなしするため」

に伝統的に続けてこられたようです。

日本のむかしばなしを読んで
僕なりに解釈しました。

それは、こんな話。


大晦日の日。。。
貧しい風貌の旅人が家に訪ねてくるそうです。

「年の瀬も迫って、寒い旅人に親切をしてあげたい」

誰もがそう思うけれど、
やはり、せっかくの大晦日。。。

「紅白みたい、お酒飲みたい、花札したい」なんて
自分のことばかり考えちゃう人が多いと思いますけど

そもそも、人は正直に、
「親切にしてあげたい」って
与える心が湧き上がってくると思います。

そこに正直になれるか。。。

実は、貧しい姿をした神様からのお試しで、、、

多分、
「人を喜ばせる生き方してますかー?」
という、試験ですね。

旅人の正体は、「歳神様」なんです。
(一番はじめの写真は歳神様ではありません笑)

親切に歳神様を家でおもてなししてあげると、
年明けのお正月には、宝物になってる。


そんなお話。

なので、「お正月飾り」は
歳神様を歓迎するために飾るそうですよ。

ちなみに、お正月飾りの門松は、

「うちは神様歓迎してまーーす」という意思表示として
神様への目印(依り代)として飾るようです。

そして、しめ縄は、
歳神様が心地よく過ごせるよう
清浄な場を保つため

疫病神が入ってこれないよう
「結界」の役割を持っているそうです。

 

そして、今回、
今日はいい天気だFARMとFlowerわたぼうしさんで
お届けするお正月飾りは「しめ縄」です

ホーリーバジルは、インドでは玄関口で栽培をすると
魔が寄り付かないと言われてきた通り

まさに、「清浄に場を保つ結界」という役割を持って
ここに存在していると言ってもいい植物です。

今日は、最後に
Flowerwわたぼうしさんが
ホーリーバジルを使って作ったスワッグの
写真をシェアします!

しめ縄も、こんな感じで
素敵に仕上がりますよ。

11月19日の販売開始3日前には
お正月飾りの写真をお披露目しますので。。。

首を長くしてお待ちくださいーーーー

愛やでー

下まで読んでくれて、ありがとうございます

以下、販売に関する詳細です

【祝福のホーリーバジルと豊穣飾りセット】

◉販売価格  1万円(税込)

◉限定50セット

◉予約日時 11月19日〜26日まで

◉発送日時 12月15日〜18日予定

◉注文方法   詳細は後日

◉セット内容  豊穣正月飾りとホーリーバジルナチュラルドライのセット

◉ギフト可能